黄体ホルモンが分泌される避妊薬のピルはソープ嬢も使用

風俗で働く女性は、避妊には人一倍気を使っています。例えばソープランドでは、本番行為は認められていませんのでエッチなサービスは素股などとなります。従ってこれだけなら妊娠の心配はないとも言えるのですが、ソープで働く女性の多くは、精神的な安心を求めて黄体ホルモンが分泌されるピルなどを避妊薬として服用しているのです。どういったシーンが想定されるかといえば、例えばパイズリプレイが終了した際です。この時、フィニッシュを迎えた男性の精子は、女性の胸付近にある場合がほとんどなのですが、何らかのはずみで体の位置を変えたような場合に、その精子が女性器付近についてしまうこともあるのです。従って風俗で働いていても100パーセント妊娠の可能性がないとは言えない訳です。しかし、こういった局面になっても黄体ホルモンが分泌されるピルを避妊薬として服用していれば安心です。従ってこういった安心感を持って仕事に集中したいため、ソープ嬢で避妊薬を服用している女性が多いでです。現在はコストもかからず、1ヶ月に3,000円程度で避妊薬を服用することが出来ます。また、それを服用することによって、生理休暇の日程もコントロール出来ますので、風俗で働く女性にはとっては非常に便利な薬なことは間違いないのです。
今まで使ったことがなくて不安な場合は、専門医に相談して服用を考えることも一つの手段です。持っていることを家族にばれた場合に風俗の仕事をしていることを家族に疑われるといった懸念を持っている女性もいるようで、事情は様々ですが、黄体ホルモンの分泌が抑えられるというのは魅力的な薬であると言えます。従って風俗で働く場合は持つことを考えたいものです。