避妊薬を服用しても痩せるためには~大阪での場合

避妊薬は、望まない妊娠を避けるために服用する薬のことで、一般に避妊薬といえば経口避妊薬を指しています。このうちよく使われているのが低用量ピルと緊急避妊薬である中用量ピルの2種類です。いずれも女性ホルモンに作用して擬似的に妊娠した状態の身体にすることによって、排卵を抑制し、受精卵の着床や精子の子宮内への進入を阻害することができます。低用量ピルの場合には継続的に服用し、一定の期間を妊娠しにくい状態にしますが、中用量の場合には性交前や性交後に望まない妊娠を避けるために服用し一時的に妊娠しにくい状態にします。
避妊薬を入手する正しい方法としては産婦人科のある病院やクリニックで受診することで処方してもらうことができ、大阪でも同様です。基本的に大阪でも東京でも避妊を目的とする場合には最初に簡単な検査をする程度で処方してもらえます。一方で避妊薬は避妊だけではなく生理にともなう生理痛や出血の増加を防ぐといった効果があるため、その目的で処方されるケースもあります。
一方で避妊薬を服用すると太りやすい体質になると言われています。このため、痩せるのが難しくなるリスクがあります。痩せるのが難しくなる理由としては、擬似的に妊娠している状態であるため、身体が栄養を摂ろうとするため食欲が増すことと、皮下脂肪が付きやすくなるといったことがあげられます。
このため、最近では避妊薬でも太りにくいものや痩せるといった作用が含まれているものもありますが、多くの場合には日本国内では未承認薬であるため、病院やクリニックでは処方されません。このため個人輸入を利用して購入する必要があります。大阪の場合でも個人輸入を代行している業者が多くあり、比較的容易に海外の安価な薬を手に入れることができます。