避妊薬は薬の飲み合わせ間違いがあれば効果が薄まります

異性と性交渉を持つ機会のある女性に取って、妊娠は常に付きまとう問題であり、子供を持つことを望んでいない状況なのであれば、必ず避妊対策は取らなければなりません。コンドームは正しく着用しないと、避妊効果はそれほど高くはなく、破損などにより、思わぬ妊娠をしてしまう女性も少なくありません。またコンドームを付けると感度が弱まるからと、膣外射精なら避妊ができていると間違った認識を持つ方も多く、こんな方法では妊娠のリスクは非常に高く危険です。もっとも安全に避妊できるものとしては、やはり女性が服用する避妊薬のピルが望ましいですが、この避妊薬も、他の医薬品やサプリメントの飲み合わせとの間違いがあれば、せっかくの避妊効果を薄めてしまうこともあるので、必ず医師に相談し確認作業は怠らないようにしましょう。避妊薬との飲み合わせを注意しなければならないものとしては、ハーブ系の成分を含むサプリメントや抗生物質があげられ、こういったものとピルを同時に服用すると、ピルの避妊効果は低くなり妊娠の確率は上がります。また、避妊薬自体が女性ホルモン剤なので、バストアップサプリなど女性ホルモンと似た働きをする成分が入っているものは、ピルの副作用が強く現れてしまうので、服用は中止しましょう。薬には飲み合わせがとても大切な問題でもあるので、インターネット通販などで個人的に購入する場合は、特に間違いのないようにしなければなりません。またピルには、全ての錠剤に同じ量のホルモン剤が含まれるタイプと、段階的にホルモン量を調節しているタイプとがありますが、前者は飲み間違いがあっても問題ありませんが、後者は飲み間違いがあると避妊効果が低くなるので、必ず順番に服用するように気をつけましょう。